コピペでかんたん立案!セルフケア不足:食事/入浴/更衣/排泄の看護計画

コピペでかんたん立案!セルフケア不足:食事/入浴/更衣/排泄の看護計画

<定義>
セルフケア不足とは、運動機能や認知機能の障害のため、これらの行動を自分で行う能力が低下している状態である。

<看護計画>

疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
食事摂取できる
入浴できる
更衣できる

排泄できる

O-P
1.バイタルサイン
2.意識レベル

3.検査データ
4.発病からの期間、病状、治療状況
5.ルート、ドレーン、固定器具の有無
6.疾患や治療に対する認識、理解度
7.残存機能
8.ADL自立度(BIFIM
9.視覚障害の有無、程度(視力低下、視野欠損)

10.認知障害の有無(認知症、高次脳機能障害、半側空間無視など)
11.思考、感情障害の有無(統合失調症、双極性障害など)

12.動作獲得への意欲、依存度
13.ストレス、活動への不安

T-P
1.患者が活動しやすい様に環境調整する
2.多職種と情報共有し、患者ができる方法を検討する
3.患者の状態に患者の状態に応じて、できないADLを介助する

>食事介助
1.患者の状態に合わせた食事形態へ変更する(常食、一口大カット、きざみ、ペーストなど)
2.全介助

3.一部介助
-1.配膳する(セッティング介助、ベッドアップ介助、食事を配膳する)
-2.使用する箸やスプーンをセットする(スプーン、フォーク、ばねつき箸、太柄スプーン、曲がりスプーン、マジックつきスプーン、長柄スプーン、長柄曲がりスプーンなど)

-3.使用する食器をセットする、位置を調整する(フードガード 、すくいやすい食器 、滑り止めマットなど)
-4.コップをセットする(ストローつきコップ、蓋つきコップ、ストローホルダーなど)
-5.テーブルの高さを調節する
-6.食事用エプロンをセットする
-7.患者の状態に合わせて食事介助を行う(自己摂取時間  分まで)

>入浴(清潔ケア)介助
1.日時、場所、方法、補助具の有無
洗面:(  時、  時、  時)(ベッド上、洗面台)(全介助、一部介助)(必要な補助具記入)
陰部洗浄:(  時、  時、  時)(  、  、  曜日)(ベッド上、トイレ)(必要な補助具記入)

清拭:(  時、  時、  時)(  、  、  曜日)(全介助、一部介助)、(全身、部分介助(  、  、  )(臥位、端坐位)(必要な補助具記入)
足浴:(  時、  時)(  、  、  曜日)(ベッド上、浴室)(臥位、端坐位)(必要な補助具記入)
洗髪:(  時、  時)(  、  、  曜日)(ベッド上、洗髪車、洗髪台)(必要な補助具記入)

シャワー浴:(  時、  時)(  、  、  曜日)(ストレッチャー、シャワーチェア、背もたれ付き椅子)(必要な補助具記入) 

>更衣介助
1.全介助
2.一部介助
-1.上衣(具体的な方法記入)
-2.下衣(具体的な方法記入)
-3.靴下(具体的な方法記入)
-4.靴 (具体的な方法記入)

>排泄
1.日時、場所、方法
排尿(  時、 時、 時、 時、 時、 時)(おむつ、尿器、ポータブルトイレ、トイレ)(自尿、導尿)
排便(  時、 時)(  、  、  曜日)(おむつ、便器、ポータブルトイレ、トイレ)(GE、坐薬、摘便のみ、自然)

E-P
1.自分で行う必要性を説明する
2.自分で行う方法を説明する
3.補助具の特徴や使用方法について説明する
4.疲労が強い時は看護師へ伝える様に説明する
5.できない部分は無理をせずに看護師へ伝える様に説明する


BI参考サイト ※外部サイト
バーセルインデックスとは ADLの評価表

FIM参考サイト ※外部サイト
FIMとは|FIMの評価方法と点数付けで知っておきたい基礎知識【総論】

Pocket
LINEで送る

活動-運動パターンカテゴリの最新記事