コピペでかんたん立案!もっと詳しいセルフケア不足(入浴)の看護計画

コピペでかんたん立案!もっと詳しいセルフケア不足(入浴)の看護計画


看護計画の本で損したくない人必見!
看護計画に迷ったら”初月無料”のなんでなんだナーシング×note

なんでなんだナーシングの計画は以下の様な流れになっています。計画を調べる際にご活用ください。



セルフケア不足:食事・入浴・排泄・更衣・整容の看護計画テーマ曲

なんでなんだナーシングでは、ゴードンの機能的レベル分類を参考に「全面的に依存している」や「セルフケア活動に参加しない」様な全介助の場合、その他の患者と同様のルーチンの方法ではなく、その患者の個別性を踏まえた安全・安楽な方法の確立を目指すものとする。

<詳細な計画が不要である場合は以下の計画を参照する事>
コピペでかんたん立案!セルフケア不足:食事/入浴/更衣/排泄の看護計画

<計画作成のヒント>
T-Pの具体的な内容はO-Pの情報を基に作成するとより効率的に作成できる。

<定義>
セルフケア不足(入浴)とは、運動機能、認知機能や精神の障害により自分で入浴動作の全てあるいは一部を行う事ができない状態の事を言う。

<看護計画>
疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
(患者の名前を記入)に合った安全・安楽な方法で入浴(シャワー浴)の介助を受ける事ができる
一部介助で入浴(シャワー浴)する事ができる
一人で入浴(シャワー浴)する事ができる
一部介助で浴槽に入れる
一人で浴槽に入れる

O-P
1.バイタルサイン
2.検査データ
-血液検査:WBC、RBC、Hb、Ht、Plt、白血球、CRP、TPなど
-レントゲン、心電図
-疾患に関連した検査
3.意識レベル
4.認知力、理解力
5.精神・心理状況
6.上肢の機能
-筋力
-可動域
-握力
-巧緻性
-知覚障害の有無(有、無)
-麻痺の有無(部位:          )
-その他(          )
7.下肢の機能
-筋力
-可動域
-知覚障害の有無(有、無)
-麻痺の有無(部位:          )
-その他(          )
8.姿勢、坐位バランス
9.皮膚トラブルの有無
10.ルート、ドレーン、固定器具の有無
11.安静度(内容:          )
12.リハビリ意欲、内容、進み具合
13.入浴のタイミング
-日時( 曜日 時、 曜日 時、 曜日 時 、曜日 時)
14.入浴場所(家庭浴室、介助浴室、シャワー浴室、高床式浴室)
15.入浴方法
-ストレッチャー(に類するもの)で入る
-シャワーチェアで入る
-背もたれ付き椅子に座って入る
-背もたれがない椅子に座って入る
-高床式浴室に入る
16.浴槽の使用(有、無)
17.浴室の環境(準備は介助・自分で準備する)
-浴室の室温(  ℃)
-湯温の設定(  ℃)
-バスマット(位置:          )
-シャワーチェア(位置:          )
-椅子(椅子の形状:          位置:          )
-滑り止めマット(位置:          )
-シャワー(位置:          高さ:          )
18.入浴時に使用する持ち物(準備と持ち運び介助、準備介助、持ち運び介助、すべて自分で行う)
-石鹸(ボディーソープ、洗顔フォーム)
-シャンプー
-バスタオル
-フェイスタオル
-着替え(内容:          )
-着替えを入れる袋
-その他(          )
19.入浴時に使用する自助具の有無
-綿タオル
-柄付ブラシ
-ループ付きタオル
-その他(          )
20.浴室内の移動方法
-全介助
-リフター使用
-車いす
-前方後方移動(長坐位での移動)
-四つ這い
-步行
21.椅子への移乗方法(椅子を使用する場合)
-全介助
-一部介助(内容:          )
-見守り(内容:          )
-自分で移乗
22.入浴動作
-洗髪
・全介助(内容:          )
・一部介助(内容:          )
・見守り(内容:          )
・自分で洗う
-洗顔
・全介助(内容:          )
・一部介助(内容:          )
・見守り(内容:          )
・自分で洗う
-上半身の洗体(背中を除く)
・全介助(内容:          )
・一部介助(内容:          )
・見守り(内容:          )
・自分で洗う
-背中の洗体
・全介助(内容:          )
・一部介助(内容:          )
・見守り(内容:          )
・自分で洗う
-陰部の洗体
・全介助(内容:          )
・一部介助(内容:          )
・見守り(内容:          )
・自分で洗う
-下肢の洗体
・全介助(内容:          )
・一部介助(内容:          )
・見守り(内容:          )
・自分で洗う
-足の洗体
・全介助(内容:          )
・一部介助(内容:          )
・見守り(内容:          )
・自分で洗う
23.浴槽の出入り方法
-全介助(内容:          )
-一部介助(内容:          )
-見守り(内容:          )
-自分で移乗
24.所要時間
25.入浴前後の疲労の有無
26.入浴への意欲
27.入浴に対する思い

T-P
1.患者の状態に応じて入浴の日時を決定する
2.患者の状態に応じて浴室を決定する
3.浴室のセッティングを行う
-冷暖房を用いて浴室の温度を調整する
-湯温をセットする
-(その他具体的な方法:          )
-(その他具体的な方法:          )
4.ルート、ドレーンがある場合は濡れない様に保護する
-(具体的な方法:          )
5.入浴に使用する持ち物の準備や持ち運びを介助する
-(具体的な方法:          )
6.浴室内の移動を介助する
-(具体的な方法:          )
-(具体的な方法:          )
7.椅子への乗り移りを介助する
-(具体的な方法:          )
-(具体的な方法:          )
8.入浴動作の中のできない部分を介助する

-洗髪
・(具体的な方法:          )
・(具体的な方法:          )
-洗顔
・(具体的な方法:          )
・(具体的な方法:          )
-上半身の洗体(背中を除く)
・(具体的な方法:          )
・(具体的な方法:          )
-背中の洗体
・(具体的な方法:          )
・(具体的な方法:          )
-陰部の洗体
・(具体的な方法:          )
・(具体的な方法:          )
-下肢の洗体
・(具体的な方法:          )
・(具体的な方法:          )
-足の洗体
・(具体的な方法:          )
・(具体的な方法:          )

9.浴槽の出入りを介助する
・(具体的な方法:          )
・(具体的な方法:          )

E-P
1.できる動作は自分で行う様に説明する
2.浴室のセッティング方法について説明する
3.入浴に必要な物品や自助具について説明する
4.入浴時の移動、洗髪や洗体方法について説明する
5.浴槽の出入り方法について説明する
6.入浴動作に対する不安や疑問がある場合は医療者に確認する様に説明する
7.疲労が強い時には無理をせず医療者に伝える様に説明する
8.入浴時は転倒の危険性が高くなる事を説明する
9.温度感覚のある部位で湯温を調整する様に説明する
10.疾患に関連した注意点について説明する
11.家族にセッティングや介助方法について説明する

参考
入浴について調べる
清潔技術 参考サイト一覧

ADL把握ツール
みんなの困ったを解決したい!なんで式看護ケアADL必要度(N4C)を作成しました

Pocket
LINEで送る

あっという間にすぐ書ける!症状別アセスメント
あっという間にすぐ書ける!症状別アセスメント
【試し読み】-看護実習のすべてがわかる!-なんでなんだの看護過程ガイドブック
【試し読み】-看護実習のすべてがわかる!-なんでなんだの看護過程ガイドブック
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について知りたい
previous arrow
next arrow

もっと詳しいセルフケア不足カテゴリの最新記事