コピペでかんたん立案!急性腎炎の看護計画

コピペでかんたん立案!急性腎炎の看護計画

#1 急性腎不全や慢性腎炎への移行の可能性

目標
腎機能が回復し慢性化や腎不全へ移行しない

O-P
1.腎機能(BUN、GFR、CCr、クレアチニン)
2.検査データ(CH50、ESR、尿中FDP、正色素性貧血、低蛋白血症、血中ASO、尿蛋白の有無、尿比重、血尿)
3.尿量、尿の性状(混濁、血尿など)
4.腎生検の結果
5.血圧の変動
6.浮腫の有無、程度
7.体重の変化の有無
8.自覚症状の有無(食欲不振、倦怠感、息切れ、咽頭痛、頭痛など)
9.咽頭発赤の有無10.活動状況(安静状況)
11.食事摂取状況
12.睡眠状態
T-P
1.安静臥床が保てる様に日常生活の介助を行う(食事ケア、排泄ケア、清潔ケアなど必要に応じて)
2.保温に努める
3.医師指示の飲水制限を行う
4.蛋白制限、塩分制限、カリウム制限などの食事療法を行う
5.二次感染を予防するために清潔ケアを保てる様にケアを行う
6.毎日、体重測定をする
7.異常が見られた場合、早急に医師へ報告する
E-P
1.安静にする事で腎血流量を増大させ、機能回復を促す事を説明する
2.急性腎不全では、はじめの1か月の安静が予後に大きく影響を与える事を説明する
3.治療のための食事について説明する(蛋白制限、塩分制限、カリウム制限)
4.治療のための水分制限について説明する
5.自覚症状(食欲不振、倦怠感、息切れ、咽頭痛、頭痛など)について説明する
6.上記の症状が出現した場合、すぐに伝える様に説明する

#2 長期間の安静によるストレスリスク

目標
安静の必要性を理解できる
不安やイライラがなく安静に療養できる

O-P
1.安静に対する理解度
2.安静臥床時の過ごし方
3.精神状況(不安、いらいら、うつなど)
4.心理状況、疾患に対する思い
5.食事摂取状況
6.睡眠状況
7.ストレスによる身体症状の有無(頭痛、めまい、消化器症状など)
T-P
1.安楽な体位が保てる様に工夫する
2.患者のニーズや訴えを傾聴する
3.日常生活援助は患者の負担にならない様に配慮して行う
4.医師指示範囲内での余暇活動を取り入れる
E-P
1.安静の必要性を説明する
2.やりたい事やあれば医師へ相談する事を説明する
3.不安な事や心配事があればいつでも看護師へ伝える様に説明する

#3 食事療法による食欲不振の可能性

目標
食事療法の必要性を理解できる
食事が食べられる

O-P
1.食事療法に対する理解度
2.食事に対する思い
3.食事の嗜好
4.食事摂取量
5.食欲の有無
6.悪心、嘔気の有無
T-P
1.リラックスして食べられる様な環境を作る
2.栄養科と連携し、制限の中にも本人の嗜好を取り入れる工夫を行う
E-P
1.食事療法について説明する
2.間食や補食の禁止の必要性について説明する
3.食べたい物があれば医師へ相談する事を説明する

#4 体液が貯留し高血圧や浮腫による安楽障害リスク

目標
症状が軽減または消失する
苦痛が軽減または消失する

O-P
1.血圧の変動の有無
2.体重の変動
3.尿量、尿回数
4.尿の性状(混濁、血尿など)
5.浮腫の有無、部位、程度(眼瞼、手指、大腿内側、足背など)
6.倦怠感、頭痛、嘔気の有無
7.腹水の有無
8.肺うっ血の有無(肺ラッセル音、咳嗽、喀痰、呼吸困難感、胸部レントゲン所見)
9.高血圧脳症の有無(痙攣、瞳孔異常など)
T-P
1.安静な体位や姿勢となる様に調整する
2.水分出納バランスを計算し評価する
3.浮腫がある場合、体の保清に努める
4.浮腫がある場合、衣類は大きめのサイズへと変更する
5.体重は同一条件下で毎日測定する
6.定期的に血圧測定を行う
-医師指示の時間に血圧測定を行う
-患者が自覚症状を訴えた時には早急に血圧測定を行う
-血圧の変動が一過性か持続性か評価する
7.血圧上昇時は医師へ報告・相談する(特に拡張期が115~120mmHgとなる場合は特に注意)
8.降圧剤を使用した場合はより細かく血圧測定を行う(15分、30分、30分、120分)
9.尿量が急激に減少した場合は医師へ報告・相談する
10.肺音異常時は医師に報告・相談する
E-P
1.安静の必要性を説明する
2.高血圧や浮腫の原因について説明する
3.浮腫による外見的な変化は、病状の改善と共に消失する事を説明する

#5 疾患への知識不足によるセルフマネジメント不足の可能性

目標
疾患についての知識を得られる
退院後、定期検査を受けられる
退院後、セルフマネジメントが行える

O-P
1.疾患についての理解度
2.疾患についての思い
3.退院後の生活状況
4.退院後の通院先
E-P
1.規則正しい生活を送る事が大切であることを説明する
2.定期検査の必要性を説明する(1年程度)
3.尿量、性状の観察を行う様に説明する
4.次の症状が出た場合はすぐに受診する様に説明する
-尿が出にくい
-残尿感が続く
-排尿時に痛みが続く
-尿がにごる
-腰痛が続く
-38℃以上の発熱

Pocket
LINEで送る

疾患別看護計画カテゴリの最新記事