コピペでかんたん立案!活動耐性低下の看護計画

コピペでかんたん立案!活動耐性低下の看護計画


 

計画をダウンロードするなら ╲ なんでなんだナーシン グ× note ╱

<定義>
活動耐性低下とは、患者が必要な(または希望する)活動に耐えられず、活動が続けられない状態の事である。

<看護計画>

疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
活動耐性を低下させる原因がわかる
活動耐性低下を予防する方法がわかる

バイタルサインが指示の範囲内で活動できる

O-P
1.ADL・IADL

2.検査データ(RBC、Ht、Hb、血液ガス分析、胸部レントゲン(CTR、肺水腫や胸水の有無)、腎機能、TP、Alb、血糖値、電解質))
3.薬の使用状況、副作用の有無
4.安静時の状態

-バイタルサイン
-低酸素症状の有無(頻脈、呼吸促拍、呼吸困難、咳嗽、痰、倦怠感、 チアノーゼ、冷感など)
-心負荷による症状の有無(浮腫、胸部不快、動悸、胸痛、倦怠感、 チアノーゼ、冷感、乏尿など)
-心不全症状の有無
・右心不全(頸動脈怒張、下肢浮腫、腹水、肝腫大、腸管浮腫など)
・左心不全(血性泡末痰、湿性ラ音の聴取、血圧低下、頻脈、チアノーゼ、全身倦怠感、四肢冷感、呼吸困難など)
5.活動時の状態
-バイタルサイン
-呼吸状態の変動(呼吸回数の変化、努力呼吸の有無、SpO2の変化、チアノーゼの有無など)
-循環動態の変動(血圧の変化、脈拍の変化、不整脈の有無、顔色の変化、末梢冷感、めまいの有無など)
-意識レベルの変動
-心筋虚血症状の有無(胸痛、胸部不快感、心電図の変化など)
6.疾患や症状の理解度
7.活動に対する意欲
8.活動に対する不安や恐怖
9.食事摂取状況
10.水分出納バランス

11.食事や飲水制限が守られているか
12.体重、体重の変化

13.活動状況
14.安静度が守られているか
15.酸素使用の有無、使用状況
16.睡眠状況
17.症状を増悪させる因子の有無(疲労、ストレス、感染など)

18.入院前の生活状況
-1日の過ごし方
-食生活(回数など)
-喫煙や飲酒の有無

-自宅・地域の環境
-職業
19.家族のサポートの有無、状況
20.家族の知識、理解

21.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用状況
-情緒的サポート:共感や愛情の提供
-道具的サポート:形のある物やサービスの提供
-情報的サポート:問題の解決に必要なアドバイスや情報の提供
-評価的サポート:肯定的な評価の提供

T-P
1.活動状況に応じて生活環境を調整する
2.多職種で情報共有し、連携してリハビリテーションを進める
3.患者の状態に合わせた運動を段階的に実施する
4.活動毎に休息時間を作る
5.苦痛があれば、苦痛を緩和するケアを早期に行う(疼痛、悪心、嘔吐など)
※苦痛に対する具体的なケアは「安楽障害」のキーワードで検索
6.睡眠がとれるように環境を調整する
7.不眠の場合、医師指示の睡眠導入剤を与薬する

8.急変時の対応ができるよう酸素、十二誘導心電図、救急カートなどを準備しておく
9.ソーシャルサポート(社会的支援)を紹介する

E-P
1.活動耐性低下とその原因に説明する
2.活動耐性低下に伴う症状について説明する
3.活動時のバイタルサインの変動について説明する
4.活動の必要性について説明する

5.食事や水分制限の必要性について説明する
6.活動耐性を上げる方法について説明する

-適切な呼吸方法、呼吸訓練方法、咳嗽方法
-段階的に活動を行う必要性について
-継続して活動を行う必要性について

-適切な食事や睡眠をとる必要性について
-休息する必要性について
7.活動時にいつもと違う症状があればすぐに医療者へ伝える様に説明する
8.活動は無理せず行う様に説明する
9.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用方法について説明する

Pocket
LINEで送る

いま見た計画をダウンロードするなら
╲ なんでなんだナーシン グ× note ╱

 

活動-運動パターンカテゴリの最新記事