コピペでかんたん立案!非効果的健康管理:クッシング症候群の看護計画(クッシング病・副腎腺腫など)


看護計画の本で損したくない人必見!
看護計画に迷ったら”初月無料”のなんでなんだナーシング×note

なんでなんだナーシングの使い方は以下の様な流れになっています。サイトを使う際にご活用ください。



なんでなんだナーシングの計画は以下の様な流れになっています。計画を調べる際にご活用ください。


<定義>
非効果的健康管理とは、疾患
によって医療処置・症状の管理・身体機能の維持などを必要とする患者やその家族が必要な処置やケアを行う事が困難あるいは不十分であり、望む生活ができない状態を言う。

<「非効果的健康維持」と「非効的健康管理」の使い方の違い>
「非効果的健康維持」は喫煙、運動不足や過食・偏食などの不健康な生活習慣を変えたいと願っている個人に用いられ、発病を予防するための1次予防の場合に使用する。
「非効的健康管理」は疾患や健康管理に関する教育が必要な患者に使用する。

<クッシング症候群の分類>

下垂体型(ACTH依存型):クッシング病

異所性(ACTH依存型):肺小細胞がん、胸腺腫、膵臓がん など

副腎型(ACTH非依存型):医原性(ステロイド薬)、副腎腺腫、副腎がん、原発性副腎過形成 など

※ACTH=副腎皮質刺激ホルモン

<看護計画>

疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
自己管理に必要な知識や技術を習得できる
問題点に気づき対処できる

必要な支援を受けられる

O-P
1.検査データ
-負荷試験:デキサメタゾン抑制試験、CRH試験、DDAVP試験など
-血液検査(副腎機能):血中コルチゾール、血漿ACTH
-尿検査:尿中コルチゾール
-血液検査(一般):白血球(好中球、好酸球、リンパ球)、カリウム、血糖値、コレステロール値
-画像検査:CT、MRI、エコー
2.ADL・IADL
3.認知力、理解力
4.バイタルサイン
5.クッシング症候群の症状の有無、程度
-特徴的な症状
・中心性肥満
・満月様顔貌
・野牛肩
・皮膚の伸展性赤紫色皮膚線条
・皮膚萎縮、皮下溢血
・顔面紅潮
・踵部の浮腫
・近位筋萎縮
・(小児の場合)肥満を伴った成長遅延
-特徴的ではないがよく見られる症状
・精神症状(抑うつ、集中力の低下、記憶力低下など)
・気分障害(イライラ、易怒傾向など)
・易疲労感
・背中の痛み
・食欲の増加
・体重増加
・肥満、下垂腹
・性欲の低下
・睡眠障害
・月経異常
・尋常性ざ創(男性化作用)
・多毛(男性化作用)
・脱毛(男性化作用)
6.合併症の有無
・高血圧
・骨粗鬆症
・脂質異常症
・多嚢胞卵巣症候群
・糖尿病(ステロイド糖尿病)
・低カリウム血症
・腎結石、尿路結石
・易感染状態
7.食事摂取量、食事内容
8.嗜好、偏食の有無
9.水分摂取量
10.水分出納バランス
11.体重、体重の変化
12.排尿状況
13.排便状況
14.安静度
15.活動量
16.睡眠状況
17.治療内容
-手術療法:経蝶形骨洞的下垂体線種摘出術(TSS)
-放射線治療
-薬物治療
・副腎皮質ホルモン合成阻害薬
・副腎皮質ホルモン合成阻害薬の副作用の有無(消化器症状、中枢神経症状、肝障害)
・下垂体性ACTH分泌抑制薬
・下垂体性ACTH分泌抑制薬の副作用の有無(高血糖、下痢)
18.服薬状況
19.服薬管理状況
20.疾患について誰にどの様に説明されているか
21.疾患、治療に対する受け止め方
22.疾患についての理解
23.治療についての理解
24.不安に思っていること
25.ストレスの有無、対処方法
26.セルフマネジメントの内容
-セルフマネジメントに対する理解度
-患者が行っている行動が正しいか
27.生活状況
-1日の過ごし方
-食生活(回数など)
-喫煙、飲酒の有無
-運動量、運動習慣
-自宅・地域の環境
-職業
-経済状況
28.家族のサポートの有無、状況
29.家族の知識、理解
30.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用状況
-情緒的サポート:共感や愛情の提供
-道具的サポート:形のある物やサービスの提供
-情報的サポート:問題の解決に必要なアドバイスや情報の提供
-評価的サポート:肯定的な評価の提供

T-P
1.安心して過ごせる様に環境調整する

2.患者の思いに寄り添い、尊重した態度で接する
3.患者の思い、不安に思っている事を傾聴する
4.共感的、受容的態度で話を傾聴する
5.意図的に声をかける等、話をする機会を設ける
6.抑うつ感が強い場合、専門科の受診を検討する(医師へ相談する)
7.医療者間で情報共有し、統一した態度で関わる
8.同じような体験を持つ患者と話ができる様に働きかける(ピアサポート)
9.易疲労感がある場合は安静を促す

10.易疲労感に応じて必要な動作を介助する
・できる事は自身で行う様に声掛けする
・できない事は介助する
11.筋委縮の状態に応じて以下のケアを選択する
-安静
-運動・機能訓練
・関節可動域訓練
・マッサージ
・筋力増強運動
・リハビリスタッフと連携し、患者に合わせた適切な運動が行える様に調整する
・ADL訓練
12.定期的に体重測定を行う

-週 回、 曜日、 曜日
13.伸展または萎縮した皮膚や浮腫に対してケアを行う
コピペでかんたん立案!皮膚統合性障害リスク状態(成人)の看護計画を参照する

コピペでかんたん立案!皮膚統合性障害リスク状態(成人)の看護計画

14.疼痛がある場合、疼痛の管理を行う
※時期に応じて以下の計画から選択する
コピペでかんたん立案!安楽障害:急性疼痛の看護計画

コピペでかんたん立案!安楽障害:急性疼痛の看護計画

コピペでかんたん立案!安楽障害:慢性疼痛の看護計画

コピペでかんたん立案!安楽障害:慢性疼痛の看護計画

15.睡眠障害がある場合、睡眠障害が改善する様にケアを行う
コピペでかんたん立案!不眠の看護計画を参照

コピペでかんたん立案!不眠の看護計画

16.中心性肥満、満月貌顔貌や男性化作用によるボディイメージの混乱があれば、混乱が解消される様にケアを行う
コピペでかんたん立案!ボディイメージ混乱の看護計画を参照

コピペでかんたん立案!ボディイメージ混乱の看護計画

17.合併症がある場合、それぞれについてケアを行う
※サクッとまるわかり!クッシング症候群の看護診断(クッシング病・副腎腺腫など)の合併症の項目を参照する
18.手術療法が行われる場合、準備と実施前後の状態の管理を行う
19.放射線治療が行われる場合、準備と実施前後の状態の管理を行う
20.確実に服薬できる様に内服管理を行う
21.内服を自己管理できる様に方法を検討する
22.疾患に対する注意点や自己管理の方法についてのパンフレットを作成する
23.家族が同一の知識を得られ対応できる様に、 家族全員に説明できる場をつくる
24.在宅医療が受けられる様に多職種や地域と連携する
25.退院前カンファレンスを開催する
-患者や家族がニーズや不安な事などを表出できるように支援し、必要時は代弁する
-退院指導の内容を地域の支援者に伝える
26.ソーシャルサポート(社会的支援)を紹介する

E-P
1.疾患とクッシング症候群についてパンフレットを用いて以下説明する
-罹患している疾患、クッシング症候群とは、現在の病状、合併症
-治療方法
-副作用
-日常生活の注意点
・規則正しい生活
・十分な休息
・ストレスケア
・周囲の人や職場からのサポートの必要性
・内服管理
・感染予防
・合併症に応じた注意点
※サクッとまるわかり!クッシング症候群の看護診断(クッシング病・副腎腺腫など)の合併症の項目を参照する
2.かかりつけ医の必要性について説明する
3.定期的な受診の必要性について説明する
4.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用方法について説明する
5.災害時の対応について説明する

以下、クッシング症候群についての参考サイト(外部サイト)

副腎とは

副腎:副腎とは 名古屋大学医学部附属病院 乳腺・内分泌外科

クッシング症候群とは

クッシング病とクッシング症候群|内分泌 看護roo!

クッシング症候群 看護roo!

クッシング病(下垂体性ACTH分泌亢進症)(指定難病75) 難病情報センター

市民公開講座 クッシング病と副腎不全 名古屋大学医学部付属病院(PDF)

患者指導

クッシング症候群の看護|症状や原因、5つの看護ポイント ナースのヒント

水分出納バランス

なんでなんだの水分出納バランスシート(Excelのダウンロード)

Pocket
LINEで送る

あっという間にすぐ書ける!症状別アセスメント
あっという間にすぐ書ける!症状別アセスメント
【試し読み】-看護実習のすべてがわかる!-なんでなんだの看護過程ガイドブック
【試し読み】-看護実習のすべてがわかる!-なんでなんだの看護過程ガイドブック
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について知りたい
previous arrow
next arrow

健康知覚-健康管理パターンカテゴリの最新記事