コピペでかんたん立案!ボディイメージ混乱の看護計画


 

計画をダウンロードするなら ╲ なんでなんだナーシン グ× note ╱

<定義>
ボディーイメージ混乱とは、容貌・外見・機能の変化によって自身が思い描く姿や機能に対してのイメージが混乱している状態である。

<看護計画>

疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
容貌や外見の変化についての思いを言葉で伝えられる(または相談出来る)
機能を喪失した思いを言葉で伝えられる(または相談出来る)

容貌や外見上の変化に対して適切な補助・補正用具が使用できる
失われた機能に対しての代替手段を獲得できる

O-P
1.ボディイメージ混乱の原因
2.性格、人格、気質
3.価値観
4.信仰の有無
5.障害受容の段階
フィンクの危機モデル
キューブラー・ロスの死の受容過程
6.ボディイメージの変化についての発言内容
7.変化した部位に対する反応(過度に誇示する、拒否反応を示す、自傷行為など)
8.身体的反応(食事摂取状況、睡眠状況など)
9.情緒的反応(悲しみ、怒り、不安、恐怖、無力感など)
10.行動的反応(混乱、動揺、泣くなど)
11.ボディーイメージの変化に関連した身体的苦痛の有無、程度
12.ボディーイメージに関連した変化に精神的苦痛の有無、程度
13.疾患、治療、予後の理解度
14.他者との交流の有無
15.家族関係、キーパーソンの有無

16.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用状況
-情緒的サポート:共感や愛情の提供
-道具的サポート:形のある物やサービスの提供
-情報的サポート:問題の解決に必要なアドバイスや情報の提供
-評価的サポート:肯定的な評価の提供

T-P
1.患者が話しやすい環境作りを行う
2.共感的、受容的態度で患者の話を傾聴する
3.患者に寄り添った声かけを行う
4.苦痛があれば、苦痛を緩和するケアを早期に行う (疼痛、悪心、嘔吐など)
5.不眠の場合、医師指示の睡眠導入剤を与薬する
6.抑うつ感が強い場合、専門科の受診を検討する(医師へ相談する)
7.医療者間で情報共有し、統一した態度で関わる
8.多職種で連携し、失った機能の喪失に対してADL訓練を行う(リハビリテーションを開始する)
9.適切な補助・補正用具を紹介する
-脱毛(ウイッグ、帽子など)
-顔面頸部の変形・欠損(化粧品、 サングラス、 マスクなど)
-乳房切除(補正パッド、専用ブラジャーなど)
-切断(義肢、装具など)
10.同じ様な体験を持つ患者と話ができる様に働きかける(ピアサポート)
11.ソーシャルサポート(社会的支援)を紹介する

E-P
1.話したい事があれば、いつでも話したり相談できる事を説明する
2.ボディイメージの変化を受け入れるには長い時間が必要である事を説明する
3.補助・補正用具の使い方やポイントについて説明する
4.ピアサポートが気持ちを表出する良い機会となる事を説明する
5.できる事とできない事を明らかにし、できない事は他者へしっかりと伝える事が重要となる事を説明する

フィンクの危機モデル


キューブラー・ロスの死の受容過程

キューブラー・ロスの「死ぬ瞬間」を読む

Pocket
LINEで送る

いま見た計画をダウンロードするなら
╲ なんでなんだナーシン グ× note ╱

 

自己知覚-自己概念パターンカテゴリの最新記事