コピペでかんたん立案!自尊感情低下の看護計画

<定義>
自尊感情とは、自分を尊重する気持ちや自身を評価して価値あるものとして感じる感覚の事である。
自尊感情低下とは、現状において自身の価値に否定的な見方が生じている状態である。

<看護計画>

目標
自身への否定的な感情を他者へ伝えられる
自尊感情が低下する要因を明らかにできる
自尊感情を低下する要因に対して対処できる
自身を肯定する発言が見られる

O-P
1.性格、人格、気質
2.価値観
3.信仰の有無
4.基本的欲求へのニーズ、目標の有無
5.過去につらい経験はあるか、その時の対応方法
6.どの様な失敗体験が多いか、パターンの有無
7.患者の強み、特性
8.過去の成功体験の有無
9.障害の有無、自尊感情への影響
10.疾患や治療に対する理解、受け止め方
11.表情、発言内容(無表情、硬い表情、自己否定、自己軽視、自己評価が低いなど)
12.情緒的反応(悲しみ、不安、無力感、無気力感など)
13.行動的反応(泣く、引きこもる、落ち着きのない行動、緊張する、混乱する、反抗的など)
14.自虐的行動の有無
15.食事摂取状況
16.睡眠状況
17.活動への意欲(拒否的、依存的)
18.活動状況
19.セルフケア状況
20.意思決定困難の有無
21.コミュニケーション障害の有無、方法
22.コミュニケーション状況、協調性の有無
23.キーパーソンの有無
24.家族との関係性(子どもへの期待、親子の関係性、新たな家族との関係性など)
25.家族のサポート能力
26.社会的孤立状況
27.他者との交流の有無(家族、友人、職場、学校、地域、SNSなど)
28.ソーシャルサポートの活用状況

T-P
1.安心して過ごせる様に環境調整する
2.患者が話しやすい環境作りを行う
3.共感的、受容的態度で患者の話を傾聴する
4.患者に寄り添った声かけを行う
5.安心感を与えられる様に背中をさするなどのタッチングを行う
6.信頼関係構築のため、約束や秘密を守る
7.他者との比較をしない、励まさない、否定しない
8.小さな目標を設定し、目標が達成できる様に支援する
9.自己効力感が高まる様に、できた事を認めて称賛する
10.自身の振り返りが出来る様に、1日の行動と感情を日記につける様に勧める
11.スタッフ間で情報共有し、統一した態度で接する
12.混乱が強い場合、混乱を助長させ ない様に関わる
※コピペでかんたん立案!急性混乱リスク状態の看護計画を参照
13.ソーシャルサポートを紹介する

E-P
1.話したい事があればいつでも話したり相談できる事を説明する
2.どんな些細な内容でも話したり相談して良い事を説明する
3.わからない事があればいつでも確認して良い事を説明する
4.自尊感情が回復するのには時間がかかるため、焦らなくて良い事を説明する
5.自身の強みや特性を知る事の大切さを説明する
6.1日の日記をつける事で行動と感情を客観的に見つめ直せる事を説明する
7.家族やキーパーソンに、患者との関わり方について説明する
-受容的に接する
-否定的な考えを受け入れる
-否定しない
-励まさない
-詮索や説得をしない
8.ソーシャルサポートの活用方法について説明する


マズロー の5段階欲求


VIA強みテスト
強み診断ツール「VIA-IS」の紹介


自己効力感
自己効力感 用語辞典( 外部サイト)看護roo! カンゴルー

Pocket
LINEで送る

看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護技術を調べる
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について
知りたい
看護研究について知りたい
4881431_s
人生を変える
1冊に出会う
4881431_s
22544218
看護師おすすめの本
22544218
previous arrow
next arrow

自己知覚-自己概念パターンカテゴリの最新記事