コピペでかんたん立案!不安(成人)の看護計画

コピペでかんたん立案!不安(成人)の看護計画

<定義>
不安とは、自律神経反応を伴う漠然として不安定な不快感や恐怖感で、危険の予感によって生じる気がかりな感情である。身に降りかかる危険を警告する合図であり、脅威に対処する方策を講じさせる。

<看護計画>

目標
不安を言葉で伝えられる
不安が軽減する(なくなる)
不安を解消するための行動を始められる
安心した入院生活が送れる
安心して治療、検査、手術が受けられる

O-P
1.不安の内容
2.疾患や治療に対する理解
3.性格、人格、気質
4.価値観
5.表情、発言内容
6.行動的反応の有無(落ち着きがない、挙動不審、意味のない動作を繰り返すなど)
7.感情的反応の有無(心配、後悔、興奮、無力感、イライラ、泣く、怖がるなど)
8.生理的反応の有無(血圧や脈拍の変動、 呼吸回数の増加、呼吸苦、手の震え、顔面紅潮、食欲不振、不眠、発汗の出現、下痢、頻尿など)
9.認知的反応の有無(集中力の低下、注意力の低下、思考能力の低下)
10.身体的苦痛の有無、程度
11.精神的苦痛の有無、程度
12.食事摂取状況
13.睡眠状況
14.家族関係、キーパーソンの有無
15.経済的問題の有無
16.社会的問題の有無
17.ソーシャルサポートの活用状況

T-P
1.患者が話しやすい環境作りを行う
2.共感的、受容的態度で患者の話を傾聴する
3.患者に寄り添った声かけを行う
4.安心感を与えられる様に背中をさするなどのタッチングを行う
5.気分転換できる方法を検討する
※気分転換に関してはコピペでかんたん立案!気分転換活動不足(成人)の看護計画を参照
6.患者の嗜好に合わせた食事に変更する
7.睡眠がとれるように環境を調整する
8.不眠の場合、医師指示の睡眠導入剤を与薬する
9.不安が強い場合、医師指示の抗不安薬を与薬する
10.スタッフ間で情報共有し、統一した態度で接する
11.医師の説明についての理解度や納得感を確認し、必要があれば再度説明する機会を設定する
12.同じ様な体験を持つ患者と話ができる様に働きかける(ピアサポート)
13.家族に可能な限り側にいてもらう様に働きかける
14.外出や外泊を検討し、気分転換やストレスの軽減を図る
15.ソーシャルサポートを紹介する

E-P
1.不安な事があれば、いつでも話したり相談できる事を説明する
2.どんな些細な内容でも話したり相談して良い事を説明する
3.説明の中でわからない事や確認したい事があれば、再度説明する機会を設定できる事を説明する
4.不安が強くなった時や不眠の時には医師指示の薬を使える事を説明する
5.患者に合わせた気分転換方法について説明する
6.ピアサポートが気持ちを表出する良い機会となる事を説明する
7.患者や家族を支援する社会
サービスについて説明する

Pocket
LINEで送る

看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護技術を調べる
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について
知りたい
看護研究について知りたい
4881431_s
人生を変える
1冊に出会う
4881431_s
22544218
看護師おすすめの本
22544218
previous arrow
next arrow

自己知覚-自己概念パターンカテゴリの最新記事