コピペでかんたん立案!安楽障害:慢性疼痛の看護計画

コピペでかんたん立案!安楽障害:慢性疼痛の看護計画

<定義>
安楽障害とは、身体的、心理スピリチュアル的、環境的、文化的、また社会的な側面における安心、緩和、および超越が欠如している状態である。

<看護計画>

目標
疼痛の原因について正しい知識が得られる
使用する薬剤について正しい知識が得られる
疼痛に対してセルフマネジメントできる

疼痛が緩和し、思い描く活動に近づける

O-P
1.疼痛の部位、程度
2.疼痛のパターン、持続時間
3.疼痛の性質(体性痛、内臓痛、神経障害性疼痛)
4.疼痛の強さ(ペインスケール活用

5.疼痛に伴うバイタルサインの変化
6.疼痛に伴う行動制限の有無、変化
7.疼痛に対する表現(言葉、苦痛様顔貌の有無、 疼痛部を保護する代償行動の有無)
8.疼痛を増強させる因子(時間帯、体動、食事、排尿・排便、不安・抑うつなど)
9.疼痛を軽減させる因子(安静、温罨法、冷罨法、保温、冷却、マッサージなど)
10.PCAポンプの有無(使用回数、使用時間、ポーラスの使用状況)
11.使用している鎮痛薬の種類、投与方法
12.鎮痛薬を使用した前後の疼痛の変化、副作用の有無
13.
疾患、病状の経過
14.疼痛に対する思い
15.精神状態、心理状況
16.
活動に対する意欲
17.活動状況
18.食欲の有無、食事摂取状況
19.睡眠状況
20.疼痛が及ぼす周囲への影響
-家族関係、人間関係の変化
-経済問題の有無
-仕事への影響
21.患者・家族の鎮痛薬のセルフマネジメントの方法、管理能力
22.ソーシャルサポートの活用状況

T-P
1.トータルペイン(身体的苦痛・精神的苦痛・社会的苦痛・スピリチュアルペイン)についてそれぞれの有無と関係性について検討する
2.ペインスケールを用いて定期的に疼痛の評価を行う
3.安楽な時間を長く保てる様に積極的に鎮痛薬を使用する
4.安楽な体位の工夫を行う
5.患者の思いを傾聴する
6.
患者の希望や状態に合わせた疼痛を軽減させるケアを行う(安静、温罨法、冷罨法、保温、冷却、マッサージ、リラクゼーションなど)
7.患者が希望する活動や気分転換ができるように調整する(テレビ、趣味、散歩など)
8.不眠時は医師指示の睡眠薬を使用する

9.ソーシャルサポートを紹介する

E-P
1.疼痛コントロールの必要性を説明する
2.安楽な時間を長く保てる様に疼痛が出現したら我慢せずに早めに鎮痛薬を使用する様に説明する
3.使用している鎮痛薬の効果、作用時間、 副作用、 投与する間隔について説明する

4.医療用麻薬 (オピオイド)については、薬剤師や医師と連携して説明する
-効果、作用時間
投与方法(注射、内服、貼付薬、坐薬、舌下薬など)
-副作用(便秘、嘔気、眠気など)
-患者以外が内服しない事
-保管は確実に行う事
紛失や盗難に遭った場合は交付した麻薬診療施設への届け出が必要である事
5.PCAポンプを使用している場合、使用方法、異常時の対処方法や連絡先ついて説明する
6.鎮痛薬以外の疼痛緩和方法を説明する

-安楽な体位
-温罨法、冷罨法、保温、冷却、マッサージ、リラクゼーションなどの効果
7.家族に看取りまでの症状の経過と支援の方法を説明する


ペインスケール

図 2 痛みの強さの評価法 – ガイドライン|日本緩和医療学会 (外部サイト)


トータルペイン(外部サイト)

“ 痛み”ってなに?~トータルペイン(全人的痛み)の考え方 (外部サイト)

Pocket
LINEで送る

看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護技術を調べる
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について
知りたい
看護研究について知りたい
4881431_s
人生を変える
1冊に出会う
4881431_s
22544218
看護師おすすめの本
22544218
previous arrow
next arrow

認知-知覚パターンカテゴリの最新記事