コピペでかんたん立案!社会的相互作用障害(成人)の看護計画

コピペでかんたん立案!社会的相互作用障害(成人)の看護計画

<定義>
社会的相互作用障害とは、人間関係をうまく保てない事で人や社会との交流が障害された状態である。

<看護計画>

目標
他者と関わりに興味が持てる
他者と関わりを持とうと行動できる
他者と交流する方法を見つけられる
他者との協調を保ちながら行動できる
他者との交流を肯定的に捉えられる

O-P
1.疾患、治療内容
2.障害の有無(発達障害、心身障害)
3.既往歷
4.性格、人格、気質
5.価値観
6.認知機能
-認知力、理解力
-高次脳機能障害の有無
7.言語能力
-言語表現能力(発達段階に応じた表現ができるか)
-使用している言語(外国語を使い日本語がわからないなど)
-言葉以外に必要なコミュニケーション方法
8.疾患や治療に対する理解、受容の程度
9.精神状態、心理状況(劣等感、葛藤、罪悪感などの有無)
10.ボディイメージの変化に対する思い
11.自己評価
12.ストレスの有無、対処方法
13.表情、言動、活気の有無
14.1日の過ごし方
15.セルフマネジメント状況
16.食事摂取量
17.睡眠状況
18.社会的技能(ソーシャルスキル)の獲得状況
19.コミュニケーション状況、協調性の有無
20.他者に対する態度
21.信用、信頼している人はいるか
22.他者との関係性(家族、友人、同室者、他患者)
23.他者との交流の有無(家族、友人、同室者、他患者、SNSなど)
24.家族構成、家族との関係性
25.家族の理解、サポート能力
26.キーパーソンの有無
27.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用状況
-情緒的サポート:共感や愛情の提供
-道具的サポート:形のある物やサービスの提供
-情報的サポート:問題の解決に必要なアドバイスや情報の提供
-評価的サポート:肯定的な評価の提供
28.地域の支援者の有無

T-P
1.患者や家族が優先している価値観を尊重しながら支援を行う
2.患者が安心して過ごせる環境作りを行う
3.共感的、受容的態度で患者の話を傾聴する
4.患者に寄り添った声かけを行う
5.信頼関係構築のため、約束や秘密を守る
6.患者が自分で決定できる様に援助する
7.ボディイメージの変化を受容できる様に支援する
※ボディイメージの混乱に対してはコピペでかんたん立案!ボディイメージ混乱の看護計画を参照
8.自己効力感が高まる様に、できた事を認めて称賛する
9.生活技能訓練 (SST) を用いて、社会的技能(ソーシャルスキル)の獲得を支援する
10.医療者間で情報共有し、統一した態度で関わる
11.患者を総合的に支援するため、多職種や地域の支援者と連携して取り組む
12.患者との関わり方について家族や地域の支援者と医療者が話し合う機会を設ける
13.ソーシャルサポート(社会的支援)を紹介する

E-P
1.話したい事があれば、いつでも話したり相談できる事を説明する
2.どんな些細な内容でも話したり相談して良い事を説明する
3.他者や地域と繋がりを持つ事の重要性を説明する
4.他者とトラブルが生じた時は医療者や支援者と一緒に対処する事が重要であると説明する
5.継続して支援機関を利用できる様に、定期的に支援者と話し合う事が重要であると説明する
6.家族や支援者に患者との関わり方について説明する
-受容的に接する
-否定的な考えを受け入れる
-否定しない
-励まさない
-詮索や説得をしない
7.ソーシャルサポートの活用方法について説明する

ソーシャルスキル

ソーシャルスキルとは 東京大学 大学院教育研究科・教育学部

自己効力感
自己効力感 用語辞典 看護roo!( 外部サイト)

Pocket
LINEで送る

役割-関係パターンカテゴリの最新記事