コピペでかんたん立案!非効果的健康管理 : 喉頭摘出の看護計画

コピペでかんたん立案!非効果的健康管理 : 喉頭摘出の看護計画

<定義>
病気や後遺症による医療処置・症状の管理・身体機能の回復・身体機能の維持が必要な患者や家族が、日々の生活に治療を取り入れることが困難で、望む生活を送るには不十分となりやすい状態を「非効果的健康管理」と言う。

<「非効果的健康維持」と「非効的健康管理」の使い方の違い>
「非効果的健康維持」は、過食・運動不足・ 喫煙などの不健康なライフスタイルを変えたいと願っている個人に用いられ、発病を予防するための1次予防の場合に使用する。
「非効的健康管理」は、疾患や健康状態の自己管理に関する教育が必要な患者に使用する。

<看護計画>

目標
自己管理に必要な知識や技術を習得できる
問題点に気付き対処できる
咽頭摘出後の必要な支援が得られる

O-P
1.年齢、認知力、理解力
2.病状、治療内容、合併症の有無や程度、ADLやIADLへの影響
3.既往歴
4. 検査データ(胸部X-P、WBC、CRP)
5.気管の管理の理解度
-痰の量、性状、痰の喀出状況
自己吸引の方法、管理方法
-気管孔の大きさ、皮膚の状態
-室内の加湿状況、方法
6. 排便状況
7.異常時の対処方法の理解
8. コミュニケーションの方法(筆談、文字盤など)
9. 発声方法
10. 疾患・治療に対する患者・家族の受け止め方
11.不安の有無
12. 指導内容の理解度や反応
13. 実践しているセルフマネジメントの内容
-患者の状況、認知

-患者の捉え方
-患者の行動が正しいか

-行動を継続できているか
14. 入院前の生活状況
-生活サイクル
-習慣的行動 (食生活・喫煙・飲酒など)
-自宅環境、地域の環境、交通手段

-職業
趣味
-家庭内役割
-社会的役割(就労・就学の状況)

-宗教の有無
-家族・キーパーソンの知識、理解度
-家族との関係性
-家族間のサポート状況

15. 病気や障害についてどのように説明されているか
16. 職場 (学校) 環境
17. 就労時間や学習内容の調整
18. ソーシャルサポートの有無
19. 経済状況
20.医療費公的助成制度の利用の有無

T-P
1. 患者の思いを傾聴する
2.患者の思いを尊重した態度で接する
3.コミュニケーション方法を患者と一緒に検討する
4.患者会を紹介し、希望があれば参加できるように調整する
5. 退院後のセルフマネジメントについて教材を用いて患者自身が自身の状態を理解できるように支援する
6.家族間の理解の相違を予防するために、家族全員に説明できる場を調整する
7. 多職種と連携して退院前カンファレンスを開催する
-患者や家族がニーズや不安な事を表出できる様に支援し、必要時は代弁し調整する
-退院指導内容を地域の支援者に伝える
8. 必要時 退院前に試験外泊を行い、セルフマネジメントについての問題点を明らかにして解決を図る

E-P
1.患者・家族が教育を受け入れる準備が整っているか確認する
2.患者・家族が望む方法や環境で教育を行う

3.情緒的な支援を行い患者・家族の心理的反応に合わせて教育を実施する
4. 患者・家族の困りごとや知りたいことを優先し、多職種と連携しながら以下指導する
>コミュニケーション方法について説明する
筆談や文字盤の使用など
-発声方法
>気管孔の管理について説明する
-気管孔を観察する事の必要性
-加湿や保護の方法

-痰の除去のしかた
>住居環境について説明する

-温度・湿度の調整
-清潔な部屋保つ

>気管孔に水分が入らない様に説明する
-食事時の注意点
-入浴時の注意点
患者会について情報提供
>ソーシャルサポートについて情報提供
>災害時の対応方法について説明する

Pocket
LINEで送る

看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護技術を調べる
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について
知りたい
看護研究について知りたい
4881431_s
人生を変える
1冊に出会う
4881431_s
22544218
看護師おすすめの本
22544218
previous arrow
next arrow

健康知覚-健康管理パターンカテゴリの最新記事