コピペでかんたん立案!感染リスク状態の看護計画

<定義>
感染リスク状態とは、慢性疾患、抗がん剤治療、放射線治療やステロイド療法などにより免疫が抑制される事、外傷や熱傷による皮膚が損傷する事、侵襲的なチューブが存在する事などにより宿主の防御機構が弱体化し感染しやすい状態である。また、小児の場合は上記に加えて免疫機能が未熟である事によって宿主の防御機構が弱体化し感染しやすい状態が追加される。

<看護計画>

目標
感染の危険因子について理解し感染が予防出来る
看護師や介護者が支援を行い感染が予防出来る

O-P
1.バイタルサイン
2.食事摂取量
3.体重の増減
4.栄養状態

5.検査データ( WBC、顆粒球、CRP、Alb、TP、血糖值、細菌検査、腎機能、胸部X線など)
6.呼吸器感染症の有無(咳嗽、喘鳴、肺雑音の有無)
7.誤嚥の有無
8.腹部症状(腹痛、下痢、嘔吐、腹部膨満の有無)
9.尿の性状、尿混濁、頻尿、排尿時痛の有無、陰部の掻痒感の有無
10.肛門の発赤や亀裂、出血の有無、痔核の有無、排便状態
11.皮膚の発赤、発疹、リンパ節腫脹の有無
12.創部の有無、創部がある時はその状態(疼痛や浸出液の有無)
13.各チュープの刺入部の状態(発赤、滲出液、出血、疼痛、臭気の有無)
14.ドレーン類があればドレーン類からの排液の性状や量
15.治療内容や抗菌薬の使用状況と効果
16.既往の感染症や予防接種の状況
17.家族や友人の伝染性疾患罹患の有無
18.感染媒体との接触の有無
19.言動、表情、活気の程度
20.うがい、手洗い、マスク着用など感染予防についての理解度と実施内容
21.疾病や治療に関する患者、家族の認識と理解度

-小児-
1.年齢と免疫能力、精神発達の程度
2.日常生活はどこまで一人で出来るか
3. 親の子育てに対する姿勢や態度

T-P
1.感染を起こす(起こす可能性のある)原因をアセスメントする
2. 手洗い、うがい、マスクの着用を徹底する
3.清潔を保持する
4.食事や経管栄養注入中は半座位や座位として誤嚥を予防する
5.肺炎のリスクがある場合、エネルギーを使わない様な咳嗽を促す
6. 肺炎を予防する為の体位変換を実施する
7.気管切開部のガーゼの交換を行う(各勤務帯、汚染時)
8.気管内吸引を行う場合は清潔操作で実施する
9.未稍点滴は原則72~96時間以内に交換する(血液、血液製剤、脂肪乳剤の投与に使用したチュープは点滴終了後24時間以内に交換)
10.カテーテルやチューブ類を交換する 交換日(  /  )次回交換予定日(  /  )
11.中心静脈カテーテルの消毒とドレッシングを交換する (   曜日)交換日(  /  )次回交換予定日(  /  )
12. 倦怠感などによりADLが低下している場合は清潔が保持できるように介助する
13.排便コントロールを行う (  日おき、  曜日)
14. 医師指示の下、抗菌薬や抗生剤を投与する
15. クリーンルームやアイソレーターを使用する場合は環境を整える、ケアはマニュアルに沿って行う
16. 生物の食品は禁止する

-小児
1.自分では感染予防行動をとれない場合、家族または看護師が援助を行う
2.好きなキャラクターや興味のある物を使い感染予防行動がとれる様に工夫する
3.感染予防行動を行えたら出来た事を褒めて自己効力感を高める介入を行う

E-P
1.感染症の原因や危険性を説明する
2.感染予防行動の必要性について説明する
3.感染予防行動の方法を説明する(手洗い、うがい、マスク着用、行って良場所、行かない方が良い場所など)
4.患者の状態に応じて面会制限の必要性を説明し協力を得る
5. 罹患するリスクのある感染症症状について説明する
6.体調に異常があればすぐに医療者に伝える事を説明する

Pocket
LINEで送る

看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護技術を調べる
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について
知りたい
看護研究について知りたい
4881431_s
人生を変える
1冊に出会う
4881431_s
22544218
看護師おすすめの本
22544218
previous arrow
next arrow

健康知覚-健康管理パターンカテゴリの最新記事