コピペでかんたん立案!スピリチュアルペインの看護計画

コピペでかんたん立案!スピリチュアルペインの看護計画

<定義>

スピリチュアルとは、生きる意味や目的について興味関心や懸念の事である。
スピリチュアルペインとは、人生の危機に直面した時、自分の存在を支えてきた価値観を失うと感じる事で深い苦悶に陥っている状態である。

<看護計画>

目標
自身が感じているスピリチュアルペインの内容を他者に伝えられる
心残りな事や気がかりな事を他者に伝えられる
自身の状態を受け入れ、生きている意味を見い出せる
自身が感じている苦悶が軽減した(なくなった)事を他者へ伝えられる

O-P
1.性格、人格、気質
2.これまでの価値観や信念(生きがい、人生の意味、死に対する考え方など)
3.今の価値観や信念(生きがい、人生の意味、死に対する考え方など)
4.信仰の有無(宗派、規律、信条、儀式の有無、宗教上のキーパーソンなど)
5.過去の死別体験の有無
6.スピリチュアルペインに対する発言の有無
7.表情(普段の表情、スピリチュアルペインに対する発言時の表情)
8.心残りな事や気がかりに思っている事の有無
9.支えになっている物事の有無
10.つらい事を忘れられる物事の有無
11.身体的苦痛の有無、程度
12.食事摂取状況
13.睡眠状況
14.家族関係、キーパーソンの有無
15.友人関係、交流状況
16.家族や友人の面会状況
17.社会的役割の有無、役割の変化
18.ソーシャルサポートの活用状況

T-P
1.患者の希望や信仰している宗教に合わせて環境調整する
2.信仰している宗教を尊重する
3.信仰している宗教が行える様にスケジュールを調整する
4.共感的、受容的態度で患者の話を傾聴する
5.心残りな事や気がかりに思っている事を傾聴する
6.スピリチュアルペインに対しての話を聞き人生の意味を見い出せる様にかかわる
-患者の苦しみに気付き、表現する
-患者の苦しみに共感し、価値観や信念を承認する
-患者の思いや行動を称賛する
7.安心感を与えられる様に背中をさするなどのタッチングを行う
8.意図的に声をかける等、話をする機会を設ける
9.患者が望む事ができる様に支援する
10.患者がリラックスできるケアを行う(手浴、足浴、マッサージなど)
11.身体的苦痛が軽減する(なくなる)様にケアを行う
12.安楽な時間を長く保てる様に積極的に鎮痛薬を使用する
13.家族と一緒に過ごせる様に工夫する
14.孤独にならない様に家族や友人に協力を求める
15.社会的役割が行える様に調整する
16.ソーシャルサポートを紹介する

E-P
1.信仰している宗教に必要な事や希望があれば伝えるように説明する
2.話したい事があればいつでも話したり相談できる事を説明する
3.どんな些細な内容でも話したり相談して良い事を説明する
4.やりたい事があれば遠慮せず相談して良い事を説明する
5.安楽な時間を長く保てる様に疼痛が出現したら我慢せずに早めに鎮痛薬を使用する様に説明する
6.家族と少しでも長く一緒に過ごせる様に調整する事を説明する
7.社会的役割が行える様に調整する事を説明する
8.患者や家族を支援するソーシャルサポートについて説明する


スピリチュアルペインの領域

P.Kaye:緩和ケア百科(武田文和ほか訳)、P305、春秋社、東京、1994.

トータルペイン(外部サイト)

“ 痛み”ってなに?~トータルペイン(全人的痛み)の考え方 (外部サイト)

Pocket
LINEで送る

看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護技術を調べる
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について
知りたい
看護研究について知りたい
4881431_s
人生を変える
1冊に出会う
4881431_s
22544218
看護師おすすめの本
22544218
previous arrow
next arrow

価値-信念パターンカテゴリの最新記事