コピペでかんたん立案!非効果的コーピング(成人)の看護計画

コピペでかんたん立案!非効果的コーピング(成人)の看護計画

<定義>
ストレスに対する反応や適応の仕方をコーピング(対処)行動と呼ぶ。
非効果的コーピングとは、ストレスに対して正当に評価ができず、適切な反応や適応ができていない状態である。コーピングには問題中心型コーピングと情動中心型コーピングの2種類に分類できる。

<看護計画>

目標
ストレスに対しての思いを言葉で伝えられる
ストレスが軽減する(なくなる)コーピング方法を見つけられる
適切なコーピングを行いストレスが軽減できた(なくなった)と言葉で伝えられる

O-P
1.ストレスの原因
2.患者が行っているコーピング(対処)方法
3.過去の大きなストレスの経験、その時の対処方法
4.疾患、治療内容
5.治療による副作用の有無
6.治療や検査の侵襲の程度
7.身体的苦痛の有無、程度
8.精神的苦痛の有無、程度
9.性格、人格、気質
10.価値観
11.コミュニケーション障害の有無
12.表情、発言内容
13.行動的反応の有無(怒る、引きこもる、過食や拒食、爪噛み、自傷行為など)
14.情緒的反応の有無(イライラ、興奮、怒り、不安、抑うつなど)
15.生理的反応の有無(血圧や脈拍の変動、 呼吸回数の増加、食欲不振、不眠、発汗の出現、下痢、頻尿など)
16.認知的反応の有無(集中力の低下、注意力の低下、思考能力の低下)
17.食事摂取状況
18.睡眠状況
19.ボディイメージの変化の有無、変化に対する思い
20.疾患や治療に対する説明の内容、説明された時の反応

21.疾患や治療についての認識や理解
22.治療に対する期待
23.患者が思い描く治療効果

24.困った時に相談できる人はいるか
25.家族関係、キーパーソン
26.経済的問題の有無
27.社会的問題の有無
28.ソーシャルサポートの活用状況

T-P
1.患者が話しやすい環境作りを行う
2.共感的、受容的態度で患者の話を傾聴する
3.患者に寄り添った声かけを行う
4.安心感を与えられる様に背中をさするなどのタッチングを行う
5.ストレスの原因を明確にし、対策を検討する
6.過去のストレスの経験と対処方法を確認し、今あるストレスにその方法が使えるか患者と話す
7.気分転換できる方法を検討する
※気分転換に関してはコピペでかんたん立案!気分転換活動不足(成人)の看護計画を参照
8.疼痛がある場合、疼痛が緩和される安楽な体位の工夫を行う

9.疼痛時は、早期に医師指示の鎮痛薬を使用する
10.不眠の場合、医師指示の睡眠導入剤を与薬する
11.興奮が強い場合、患者の安全が保たれる様に環境を調整する
12.興奮が強い場合、医師指示の薬を与薬する
13.ストレスが強い時は、精神科の受診や心理療法を検討をする
14.スタッフ間で情報共有し、統一した態度で接する
15.医師の説明についての理解度や納得感を確認し、必要があれば再度説明する機会を設定する
16.同じ様な体験を持つ患者と話ができる様に働きかける(ピアサポート)
17.ソーシャルサポートを紹介する

E-P
1.気になる事があれば、いつでも話したり相談できる事を説明する
2.どんな些細な内容でも話したり相談して良い事を説明する
3.疼痛や不眠などの症状に対して医師指示の薬を使える事を説明する
4.患者に合わせた気分転換方法について説明する
5.ストレスコーピング行動に役立つ本や資料を紹介する
6.説明の中でわからない事や確認したい事があれば、再度説明する機会を設定できる事を説明する
7.ピアサポートが気持ちを表出する良い機会となる事を説明する
8.患者や家族を支援する社会サービスについて説明する

9.家族やキーパーソンに、精神的サポートの必要性を説明する


コーピングの種類


コーピングの行動例

Pocket
LINEで送る

看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護技術を調べる
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について
知りたい
看護研究について知りたい
4881431_s
人生を変える
1冊に出会う
4881431_s
22544218
看護師おすすめの本
22544218
previous arrow
next arrow

コーピング-ストレス耐性パターンカテゴリの最新記事