シリンジポンプの使用手順とポイント

シリンジポンプの使用手順とポイント

シリンジポンプの使用手順とポイント

1.準備
①注射指示箋で、患者氏名・日付・薬剤名・用法用量・投与時間・投与速度を確認する
②流水と石鹸で手洗いを十分に行う
③必要物品を準備する
注射指示箋、薬剤、シリンジと注射針、延長チューブ、消毒綿、トレイ
④注射の準備をする
-薬剤を準備する。2つ以上混ぜて使用する場合には調合する
-シリンジに延長チューブを接続する
-トレイに注射器、消毒綿を入れる
⑤機械が正しく作動するか確認する
-外観の破損・薬物の固着の有無
-シリンジポンプの電源を入れる
-シリンジホルダーを引き上げ、クランプが下向きになるよう回転させる
-スライダーの PUSH ボタンを押し、スライダーをシリンジの長さまで伸ばす
-注射器の外筒のつばをシリンジポンプの固定溝にセッティングする
-注射器の内筒のつばを押し子にセットする
-シリンジホルダーを固定し、シリンジサイズが表示されることを確認する

 

✨ひとつ上を目差すためのポイントチェック✨
・ 静脈注射で習得した知識の確認
・ 注射薬を準備する時の計算方法の確認
・ 与薬に関連する安全対策、事故防止対策
・ よく使用される薬剤の作用、副作用、投与方法、標準的使用量、配合禁忌、添付文書の読み方などの基本的知識
・ 点滴静脈内注射の管理:点滴静脈内注射の確実な管理、点滴静脈内注射実施中の観察(異常の早期発見・対応を含む)
・対象患者にこの薬剤をポンプを使用して輸液する理由の把握
・ 対象患者に関するアセスメント
・表示されるシリンジサイズと、使用するサイズ、メーカーが一致することを確認する
・正確にセットされているか確認する

 

2.実施
①患者への挨拶・声かけを行い、輸液ポンプから薬を投与することを説明する
②患者の観察
③患者氏名の確認
-フルネームで名乗ってもらう、または患者識別バンド等で確認する
④シリンジポンプから輸液を開始する
-注射指示箋を再度確認し、流量を設定する
-早送りボタンを押して、延長チューブの先端まで薬液を満たす
-プライミングで加算された積算量をクリアする
-延長チューブ内の気泡がないことを確認する
-シリンジポンプの取り付け位置を調整する
-メインルートの三方活栓のキャップを外し消毒綿で拭く
-三方活栓内の空気を抜く
-三方活栓にシリンジポンプ側の延長チューブを接続する
-メインルートの滴下数を確認する
-三方活栓を開く
-注入開始ボタンを押し、シリンジポンプが送液を開始したことを、送液ランプの点滅で確認する
-正しく送液されていることを声出し指差しで確認する
⑤患者に声をかけ退室する
⑥開始 10~15 分後に 1 回、その後は 1時間に 1 回、輸液量や患者の状態を確認する

・観察すべき項目として以下を挙げる
電源、輸液ボトル、輸液ポンプ、滴下筒、クレンメ、輸液ライン、三方活栓、刺入部、全身状態、患者生活状況など

 

✨ひとつ上を目差すためのポイントチェック✨
・ 患者状態のアセスメント
・誤薬防止の方法を確認する
・フルネームでの確認を習慣づける
・プライミングを行う
・シリンジポンプの位置が患者より高い場合、シリンジの内筒が固定されていない時に高低落差により過剰送液される現象(サイフォニング現象)が起こる。サイフォニング現象を起こさない様に注意する
・三方活栓の向きを患者側が止まるように変えシリンジポンプ側を開ける
・三方活栓内に点滴の液を満たした後、輸液チューブをつなぐ
・途中で業務を中断をしない
・異常の早期発見ができる
・ 輸液ルートは「注射器→ポンプの表示→延長チューブ→三方活栓(接続してある場合)→延長チューブ→留置針刺入部」と全て確認する
・電源の確認を習慣づける

 

3.輸液中にシリンジを新しく交換する
① ストップボタンを押し三方活栓を閉じる
② 使用済みのシリンジをシリンジポンプから外す
③ 新しいシリンジをシリンジポンプにセットし、延長チューブを接続する
④流量設定を確認し、三方活栓を解放する
⑤ スタートボタンを押す

 

✨ひとつ上を目差すためのポイントチェック✨
・過剰投与の防止方法を確認する
・ポンプから注射器を取り外す時、三方活栓が開放されたままだとフリーフローとなり過剰投与の危険がある
・正しいアラーム対処ができる

4.三方活栓による閉塞の対処方
①アラームが鳴ったら、アラーム表示を確認する
②ブザー停止ボタン(アラーム停止ボタン)を押す
③閉塞部位(三方活栓、ルート圧迫など)を確認する
④三方活栓を閉じたまま、下にアルコール綿などを置き、三方活栓と延長チューブの接続部位を外し、過剰な薬液を除去する
⑤内圧を下げてから再度接続し、三方活栓を開放する
⑥スタートボタンを押す

5.終了
①ストップボタンを押し三方活栓を閉じる
②患者に輸液の終了を説明し退室する

 

✨ひとつ上を目差すためのポイントチェック✨
・ 異常の早期ができる
・ シリンジから接続・刺入部位までルートを確認し、閉塞部位を探す
・過剰投与の防止方法を確認する

6.実施記録をする

 

輸液・シリンジポンプチェックリスト
1.基本的知識
① 輸液・シリンジポンプを使用時、誤った注入量の設定が致死的な事故を引き起こすことが理解でき、安全面のルールを述べることができる
② 輸液・シリンジポンプを使用時、専用輸液セット・注射器があることが理解できり、準備することができる
③ ライン複数挿入時は投与経路を間違える可能性があることが理解でき、安全面のルールを述べることができる
④ 指示された薬剤が輸液・シリンジポンプを使用する理由を述べることができる
⑤ 輸液・シリンジポンプのアラームの見方と対処方法を述べることができる
⑥ 輸液・シリンジポンプ使用中無停電コンセントに接続する意味を述べることができる
⑦ 落下の危険がないように輸液・シリンジポンプの固定を安全に実施することができる
⑧ 輸液・シリンジポンプ使用中電源が確保されているか確認することができる
⑨ 輸液・シリンジポンプが交流電源と電源バッテリーの区別をすることができる
⑩ 輸液・シリンジポンプのバッテリーの充電の量を確認することができる
2.準備
① 注射指示書で、患者氏名・薬剤名・投与量・投与方法・投与時間・投与速度を確認することができる
② 流水と石けんで手洗いを十分に行うことができる
③ 必要物品が準備できる
④ ポンプが正しく作動するが確認することができる
3.実施
① 患者へのあいさつ、声かけを行うことができる
② 患者氏名の確認をフルネームで行うことができる
③ 輸液・シリンジポンプ使用にあたって患者にわかりやすい説明を行い、同意を得ることができる
④ 患者状態の観察、アセスメントができる
⑤ 安全・正確に輸液・シリンジポンプから輸液を開始することができる
⑥ 輸液・シリンジポンプを使用する時、ルートや注射器を確実にセットできる
⑦ 指示通りの正確な点滴速度の設定ができる
⑧ 輸液・シリンジポンプからルートや注射器を取り外す時、クレンメや三方活栓が開放されたままだとフリーフローとなり、過剰投与の危険があることが理解でき、安全に実施することができる
⑨ シリンジポンプに注射器をセットする時、機械のあそびを取ることができる
⑪ 輸液・シリンジポンプからの輸液中の患者の状態を観察することができる
⑫ 周囲の環境を整備し、患者に挨拶をしてから退室できる
⑬ 必要時、実施内容を指導者等に報告できる
⑭ 必要時、看護記録に記載できる

一覧へ戻る

カテゴリー
看護ケアの知識、手順、ポイントを調べる
看護診断別に看護計画を調べる 少しずつ作成中
疾患別に看護計画を調べる
看護研究について知りたい
疾患を調べる
わからない医療・看護専門用語を確認する
医療事故の事例や対策を検索する
薬や添付文書、併用注意の薬、抗生剤やインスリンについて調べる
医療機器の添付文書、メーカーを調べる
学習におすすめの本や持ち物を見てみる
ハート先生の心電図教室で心電図を学ぶ
しごとの悩み、恋愛、お金、自分を変えたい
転職したいと思った!

Pocket
LINEで送る

PowerPoint スライド ショー - [なんでなんだナーシングトップスライダー.pptx] 2021_07_18 10_15_56
PowerPoint スライド ショー - [なんでなんだナーシングトップスライダー.pptx] 2021_07_18 10_15_56
不眠改善プロジェクト
不眠改善プロジェクト
不眠改善プロジェクト
メンタリストDaiGoさんのYouTubeサマリー
メンタリストDaiGoさんのYouTubeサマリー
5e9d74e64a64fa4285fcc43999dc30a9_s - コピー - コピー
5e9d74e64a64fa4285fcc43999dc30a9_s - コピー - コピー
previous arrow
next arrow

注射の技術・点滴管理・CV・輸血カテゴリの最新記事