医療ミスで重度障害 「あ・か・さ・た・な話法」で言葉を紡ぐ天畠大輔さん

医療ミスで重度障害 「あ・か・さ・た・な話法」で言葉を紡ぐ天畠大輔さん

障害を抱える人たちのコミュニケーションを主題に、中央大学で研究を続ける日本学術振興会特別研究員PDの天畠大輔さんは、自分自身も医療ミスによる重い障害を抱えながら、暮らしている。
 障害を負ったのは、14歳のとき。急性糖尿病になり医療ミスで心肺停止状態になったのが原因だ。医師は「植物状態で知能も幼児レベルに低下した」と診断した。だが約半年後、病室のベッドで息子が何かを伝えようとしていると感じた母が「大輔、50音を言うから何かサインをして」と語りかけた。
 「あ・か・さ・た・な……」と言う母の声を聞き、何度目かの「は」のときに、わずかに舌を動かした。「は行ね。は・ひ・ふ……」。再び「へ」で反応。1時間以上かけ2人で「へ・つ・た」と紡ぎ出した。
 経管栄養の袋が空なのに気づいた母が「おなかがへったの?」と尋ねた。障害を負ってから初めて他の人と意思を通わせた瞬間だった。以来、この「あ・か・さ・た・な話法」がコミュニケーション方法になった。

Pocket
LINEで送る

PowerPoint スライド ショー - [なんでなんだナーシングトップスライダー.pptx] 2021_07_18 10_15_56
PowerPoint スライド ショー - [なんでなんだナーシングトップスライダー.pptx] 2021_07_18 10_15_56
不眠改善プロジェクト
不眠改善プロジェクト
不眠改善プロジェクト
メンタリストDaiGoさんのYouTubeサマリー
メンタリストDaiGoさんのYouTubeサマリー
5e9d74e64a64fa4285fcc43999dc30a9_s - コピー - コピー
5e9d74e64a64fa4285fcc43999dc30a9_s - コピー - コピー
previous arrow
next arrow

コミュニケーションカテゴリの最新記事