コピペでかんたん立案!感染仲介リスク状態の看護計画

<定義>
感染仲介リスク状態とは、病原菌を他人に仲介するリスクが高い状態の事を言う。

<看護計画>

疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
感染症を他者へ感染させる可能性がある事を理解できる
他者への感染を予防する方法を理解できる
非感染状態になるまで隔離が必要性である事を理解できる

O-P
1.感染症状(発熱、咳嗽、痰、悪心、嘔吐、下痢、湿疹など)
2.感染部位
3.感染経路
4.検査データ
5.感染予防に対する知識、理解

6.感染予防行動の内容
7.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用状況
-情緒的サポート:共感や愛情の提供
-道具的サポート:形のある物やサービスの提供
-情報的サポート:問題の解決に必要なアドバイスや情報の提供
-評価的サポート:肯定的な評価の提供

T-P
1.感染している患者は個室隔離またはコホート隔離する
2.入室者を制限する
3.清潔区域、準清潔区域、不潔区域を分ける
4.動線が一方通行になる様に環境を調整する
5.感染している患者に接する時は標準予防策(スタンダードアプリコーション)を徹底する
6.汚物は決められた方法で確実に処理する

7.患者の感染予防行動が不十分な時には、予防行動を取れる様に支援する
8.ソーシャルサポート(社会的支援)を紹介する

E-P
1.感染症状、感染経路、感染させる時期について説明する
2.他者への感染を予防する方法を説明する
3.家族や周囲の人に理解と協力を得る必要がある事を説明する

4.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用方法について説明する

Pocket
LINEで送る

健康知覚-健康管理パターンカテゴリの最新記事