コピペでかんたん立案!便秘(成人)の看護計画

コピペでかんたん立案!便秘(成人)の看護計画

<定義>
便秘とは通常の排泄回数が減り、排便困難や不完全な便の排出、硬い乾燥した便が排出される状態である。便秘による腹部膨満感、食欲不振などの苦痛症状の出現やショック症状、腸閉塞、努責による脳出血や心筋梗塞の可能性がある。

<看護計画>

疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
自身の排便パターンを知る事ができる
自身で考えて排便コントロールを試みる事ができる
定期的に排便がある(〇日に1回排便がある)
残便感なく排便できる

O-P
1.便秘の原因
2.疾患、治療内容
-消化器疾患の有無
-直腸異常の有無

-痔疾患の有無
-ストーマの有無、状態
3.既往歷
4.内服している薬剤(便秘を引き起こす薬剤、抗凝固薬の有無)
5.検査データ(腹部レントゲン、腹部超音波など)
6.入院前の排便パターン
7.入院前の食習慣
8.食事摂取内容、食事摂取量、水分摂取量
9.安静度、活動量、活動性の低下の有無
10.バイタルサイン、排便に伴う血圧の変動

11.排便状況(間隔、回数、性状、量、排ガスの有無、出血の有無)
12.腹部の状態(腹部膨満、腸蠕動の動きなど)
13.腹部症状の有無(腹部膨満感、腹痛、悪心、嘔吐など)

14.内服している下剤の有無、種類
15.排便時に使用する下剤の有無、種類
16.排便する場所(ベッド上、ポータブルトイレ、トイレ、その他の場所)
17.排便方法(自然排便、摘便、浣腸使用、坐薬使用)
18.排便動作(全介助、一部介助( 何をどこまで行うか記入)、自立)
19.排便に対する思い
20.不安に思っていること
21.ストレスの有無、対処方法
22.セルフマネジメントの内容
-セルフマネジメントに対する理解度
-患者が行っている行動が正しいか
23.生活状況
-1日の過ごし方
-運動習慣の有無
-食生活(内容、回数など)
-自宅・地域の環境
24.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用状況
-情緒的サポート:共感や愛情の提供
-道具的サポート:形のある物やサービスの提供
-情報的サポート:問題の解決に必要なアドバイスや情報の提供
-評価的サポート:肯定的な評価の提供

T-P
1.排便パターン把握のため、排便日誌を記入する
2.食物繊維を多く含む食事へ変更する
3.食事に発酵食品を取り入れる
4.水分摂取を促す(水分制限がない場合1日1500~2000mL程度を目標とする)
5.緩下剤の与薬を検討する
6.坐薬や浣腸の使用を検討する
7.定期的に排便誘導を行う(  曜日、  曜日、  曜日・毎日)(  時、  時、  時)
8.室内で排泄ケアを行う場合、においや音に配慮して行う
9.しっかりと腹圧をかけられる様に体位の工夫や疼痛コントロールを行う
10.腹部マッサージ、 腹部罨法、腰背部温罨法を行う
11.排便や排ガス誘導の為に摘便やブジーを行う

12.排便痛がある場合、表面麻酔(キシロカインゼリーなど)を使用し疼痛を緩和する
13.ソーシャルサポート(社会的支援)を紹介する

E-P
1. 便秘の解消方法や予防について以下説明する
-規則正しい生活をする
-バランスのとれた食事や食物繊維を多く含む食品を摂取する

-水分を多く摂取する
-排便パターンや緩下薬の効果を把握するために排便日誌 (便の回数、 性状、緩下薬の内服状況など) をつける
-便の性状
-定期的に排便を試み、 排便を習慣化する
-決まった時間にトイレに行く

-緩下剤の正しい服用方法
-排便を我慢しない様にする
-排便を促すための腹部マッサージ、温罨法の活用
-坐薬や浣腸の使用方法
-適度な運動 (1日約10~15分程度)

2.排便コントロールが困難な場合は医療機関を受診して相談する様に説明する
3.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用方法について説明する便秘の原因
便秘の看護計画|便秘の原因・観察項目とその看護問題を学ぶ ジョブデポ(外部サイト)


便の性状 ブリストルスケール


下剤の種類
排便タイプ別 上手な下剤の使い方|排便ケアを極める(3) 看護roo!現場で使える看護知識(外部サイト)

Pocket
LINEで送る

排泄パターンカテゴリの最新記事