コピペでかんたん立案!非効果的呼吸パターンの看護計画

コピペでかんたん立案!非効果的呼吸パターンの看護計画

<定義>
非効果的呼吸パターンとは、呼気と吸気の両方またはいずれか一方で十分に換気できていない状態の事である。

<看護計画>

疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
安楽な呼吸ができる
正しい呼吸パターンになる

O-P
1.バイタルサイン、SPO2
2.呼吸状態
-呼吸数、呼吸の深さ(頻呼吸、徐呼吸、多呼吸、 少呼吸、過呼吸、無呼吸)
-呼吸のリズム(チェーン・ストークス呼吸、 ビオー呼吸、クスマウル呼吸)

-努力呼吸の有無 (鼻翼呼吸、口すぼめ呼吸、下顎呼吸、呻吟、陥没呼吸、シーソー呼吸、肩呼吸)
-呼吸音の異常の有無(減弱、消失、左右差、呼気延長、喘鳴、副雑音)

-呼吸異常に関連した二次的障害の有無
PaCO²の上昇(右心不全、頭痛、発汗、血圧上昇、羽ばたき振戦、痙攣、意識障害、CO2ナルコーシスなど
>過換気:PaCO² の低下(不安、頭痛、吐き気、めまい、手足の痺れ、 血圧低下など)

3.循環動態の変動、静脈怒張、 浮腫の有無
4.疼痛の有無

5.検査データ
6.人工呼吸器やNPPVの設定や装着を確認する
7.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用状況
-情緒的サポート:共感や愛情の提供
-道具的サポート:形のある物やサービスの提供
-情報的サポート:問題の解決に必要なアドバイスや情報の提供
-評価的サポート:肯定的な評価の提供

T-P
1.患者に合わせた安楽な体位をとる(起座位やセミファーラー位など)
2.排痰を促す(吸引、吸入、タッピング、体位ドレナージなど)
3疼痛や不安を軽減するケアを行う(疼痛コントロール、マッサージなど)
4.人工呼吸器の管理を行う
5.コミュニケーション方法の工夫を行う(筆談、文字盤など)
6.不安や心配なことを訴えやすい雰囲気をつくる
7.ソーシャルサポート(社会的支援)を紹介する

E-P
1.安楽な体位の取り方について説明する
2.安楽な呼吸方法について説明する
3.発声しないで行えるコミュニケーション方法について説明する
4.疼痛や不安がある場合にはいつでも伝える様に説明する
5.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用方法について説明する


人工呼吸器の観察項目

>人工呼吸器装着患者・人工呼吸器モニタの観察ポイントは?
>NPPV使用中の観察項目は?

Pocket
LINEで送る

活動-運動パターンカテゴリの最新記事