コピペでかんたん立案!成長・発達遅延(リスク):幼児期 (3~6歳)の看護計画

コピペでかんたん立案!成長・発達遅延(リスク):幼児期 (3~6歳)の看護計画


看護計画の本で損したくない人必見!
看護計画に迷ったら”初月無料”のなんでなんだナーシング×note

なんでなんだナーシングの使い方は以下の様な流れになっています。サイトを使う際にご活用ください。



なんでなんだナーシングの計画は以下の様な流れになっています。計画を調べる際にご活用ください。



成長・発達遅延(リスク):幼児期 (3~6歳)の看護計画テーマ曲

<定義>
成長・発達遅延とは、体重・身長等の形態や運動・感情・言語などの機能が同じ年齢集団の基準域から逸脱している状態である。
成長は身体の形態的な変化であり、発達は機能的な成熟を示す。

<子どもの表現について>
当計画では該当する子どもの事を「患児」と表現せずに「児(こ)」と表現する事とする。

<看護計画>

疾患:
既往歴:
治療内容:

目標
子どもの成長・発達課題が明確になる
子どもの成長・発達に応じた機能やスキルを獲得できる
規則正しい生活を送れる
必要な支援を受けられる

子どもの成長・発達に応じた具体的な目標の例
年齢に応じた粗大運動ができる(スキップができる、縄跳びができるなど)
年齢に応じた微細運動ができる(折り紙を折れる、箸を使えるなど)
絵本の読み聞かせに集中できる
椅子に座っていられる
友だちと一緒に遊べる
(  )時に起きられる
(  )時に寝る事ができる

O-P
1.疾患や治療の有無、内容
2.年齢
3.健康診断の結果(保育園や幼稚園の定期健康診断の結果など)
4.発達の程度
-粗大運動の獲得状況
-微細運動の獲得状況
-言葉の発達状況
-食事の様子、内容、摂取量
-体重、体重の増加の程度
-整容・更衣の状況
-排泄状況
-睡眠状況
-自発性の有無、程度
-集中力の有無、程度
-興味・関心のある物事
-興味・関心のある物事に対する執着の程度
-好きなキャラクター、おもちゃ
-好きな遊び
-周囲への興味・関心の有無、程度
-兄弟との関係性、遊びの様子
-友だちとの関係性、遊びの様子
-集団生活の様子、適応状況
5.身体症状の有無、程度
6.検査データ(児の疾患や障害に応じた検査内容)
7.主な保育者(日中、夜間)
8.懐いている家族
9.親(家族)の育児についての知識の有無、程度
10.児に対する愛着行動の有無、程度(関心、声かけ、スキンシップなど)
11.親(家族)の児の状態に対する理解
12.親(家族)の児の状態に対する受け止め方
13.親(家族)が不安に思っていること
14.家族状況、支援状況
-養育者の年齢、認知力、理解力
-家族構成、年齢、キーパーソン
-家族の健康状態
-患児の疾患が家族に及ぼす影響
-家族の判断能力、対応能力
-家庭の経済状況
15.ソーシャルサポート(社会的支援)の活用状況
-情緒的サポート:共感や愛情の提供
-道具的サポート:形のある物やサービスの提供
-情報的サポート:問題の解決に必要なアドバイスや情報の提供
-評価的サポート:肯定的な評価の提供

T-P
1.安全に過ごせる様に環境を調整する
2.身体症状がある場合、症状を緩和するケアや処置を行う
3.発達の程度を定期的にチェックする
4.自己効力感を高めるため、できた事や頑張った事を褒める
5.できる事は自分で行う様に促し、できない部分を見極め支援する
6.生活に運動や遊びを取り入れる
-児がやりたい事はできる限り行える様に環境を整える
-発達に応じた運動や遊びを行う
-児の得意な運動や好きな遊びを行う
-自己決定できる様に自分で遊びの内容を決める様に促す
-運動発達、創造性、情緒、音感などを育むおもちゃを活用する
-遊んだ後は一緒に片付けを行う
7.言葉の発達を促す
-年齢に合わせた声かけ
-本の読み聞かせ

8.規則正しい生活が送れる様に支援する
9.未獲得の日常生活動作を獲得できる様に支援する
-食事
(具体的な内容:                            )
-歯磨き
(具体的な内容:                            )
-洗顔
(具体的な内容:                            )
-更衣
(具体的な内容:                            )
-排尿
(具体的な内容:                            )

-排便
(具体的な内容:                            )
10.親(家族)と医療者が同じ目標に向かってケアができる様に話し合う機会を設ける
11.児と親(家族)がコミュニケーションを取れる機会を設ける
12.親(家族)がケアに参加できる様に調整する
13.ソーシャルサポート(社会的支援)を紹介する

E-P
1.話したい事があれば、いつでも話したり相談できる事を説明する
2.どんな些細な内容でも話したり相談して良い事を説明する
3.できる事は自分で行う様に説明する
4.納得して診察・検査や処置を受けられる様にプレパレーションを行う
5.児の特徴に応じて絵カードを用いて説明する
6.親(家族)に発達の目安についてパンフレットを用いて説明する
7.親(家族)に発達には個人差があり、児に合った育児方法が重要である事を説明する
8.親(家族)に児と話す時は児の目線の高さで話した方が良い事を説明する
9.親(家族)にすぐに手を出さず、児ができる事は見守る様に説明する
10.親(家族)にできた事を褒める大切さを説明する
11.親(家族)にできない事を叱らない様に説明する
12.親(家族)に児が悪い事をした場合はしっかりと伝える様に説明する
13.親(家族)にソーシャルサポート(社会的支援)の活用方法について説明する

成長・発達
発達発育の様子【発達の目安】※新生児期~学童期まで 北竜町(外部サイト PDF)

いろんな発達段階を表にまとめてみた。子どもの発達年齢を知って支援に役立てよう【まとめ記事】 言語聴覚士は放課後等デイサービスで何ができる?(外部サイト)

エリクソンの漸成的発達理論 看護Roo!用語辞典(外部サイト)

育ち合いー基本的生活習慣の自立をめざして-内閣府所管 交易財団法人 日本教材文化研究財団(外部サイト)

プレパレーション
第1回 プリパレーション(プレパレーション)|処置を受ける子どもへの支援 ナース専科(外部サイト)

絵カード

 

Pocket
LINEで送る

あっという間にすぐ書ける!症状別アセスメント
あっという間にすぐ書ける!症状別アセスメント
【試し読み】-看護実習のすべてがわかる!-なんでなんだの看護過程ガイドブック
【試し読み】-看護実習のすべてがわかる!-なんでなんだの看護過程ガイドブック
看護診断別に看護計画を調べる
看護診断別に看護計画を調べる
看護ケア・技術・知識
看護ケア・技術・知識
看護研究について知りたい
看護研究について知りたい
previous arrow
next arrow

活動-運動パターンカテゴリの最新記事