コピペで立案!回復期の胸髄損傷:セルフケア不足(入浴)の看護計画

コピペで立案!回復期の胸髄損傷:セルフケア不足(入浴)の看護計画

関連因子
対麻痺

目標
一部介助でシャワー浴できる
自分でシャワー浴できる
一部介助で浴槽に入れる
自分で浴槽に入れる

O-P
1.
上肢、下肢の運動機能(筋力、握力、可動域)
2.
姿勢、坐位バランス
3.入浴動作の習熟度
4.自助具使用状況(綿タオル、柄付ブラシ、ループ付きタオルなど)
5.入浴動作への意欲
6.疲労の有無
7.所要時間
8.理学療法(PT)訓練の内容、進み具合
9.作業療法(OT)訓練の内容、進み具合

T-P
1.入浴日時、時間を決定する(  時、  時)(  、  、  曜日)
2.患者の状態に応じた浴室を選択する(シャワー浴室、高床式浴室)
3.患者の状態に応じた浴室のセッティングを行う(背もたれ椅子の使用、滑り止めマットの使用、シャワーヘッドの位置、ナースコールを手の届く位置に置く)
4.浴室内移動方法(全介助、リフター、前方移動、後方移動、四つ這い、步行)
5.
入浴動作の習熟度に応じて介助する
-洗髪      (全介助、一部介助(–具体的な方法記入–)、自立)
-洗顔      (全介助、一部介助(–具体的な方法記入–)、自立)
-上半身前面の洗体(全介助、一部介助(–具体的な方法記入–)、自立)
-背中の洗体   (全介助、一部介助(–具体的な方法記入–)、自立)
陰部の洗体      (全介助、一部介助(–具体的な方法記入–)、自立)
-下腿の洗体   (全介助、一部介助(–具体的な方法記入–)、自立)
足の洗体    (全介助、一部介助(–具体的な方法記入–)、自立)
浴槽の出入り     (全介助、一部介助(–具体的な方法記入–)、自立)
6.動作が習熟したら入浴動作をチェックし評価する

E-P
1.できる動作は自分で行う必要性がある事を説明する
2.温度感覚のある部位で湯温を調整する様に説明する労が強い時は無理をせず看護師に伝える様に説明する
3.入浴動作に対する不安や疑問がある場合は看護師に確認する様に説明する
4.家族に入浴の準備や方法を説明する

頚髄損傷者(完全麻痺)のレベル別獲得動作一覧

別府重度障害者センターでの訓練生活と効果 ※外部サイト

Pocket
LINEで送る

整形・リハビリカテゴリの最新記事