非効果的健康管理-在宅酸素療法

<定義>
病気や後遺症による医療処置・症状の管理・身体機能の回復・身体機能の維持が必要な患者や家族が、日々の生活に治療を取り入れることが困難で、望む生活を送るには不十分となりやすい状態を「非効果的健康管理」という。

<「非効果的健康維持」と「非効的健康管理」の使い方の違い>
「非効果的健康維持」は、過食・運動不足・ 喫煙などの不健康なライフスタイルを変えたいと願っている個人に用いられ、発病を予防するための1次予防の場合に使用する。
「非効的健康管理」は、疾患や健康状態の自己管理に関する教育が必要な患者に使用する。

<在宅酸素療法とは>
在宅酸素療法は、慢性呼吸不全で酸素療法が必要な場合に自宅で酸素吸入を行うこと。
酸素供給装置には、酸素濃縮器と液化酸素装置がある。

設置の注意点
1.日当たりの良いところは避ける。
2.火を使うところから2m以上離す。
3.酸素濃縮器は壁から前後左右15cm離す。
4.液化酸素装置の場合は換気の励行が大切である。また、近くに消化器を準備することが必要となる。

 

<看護計画>
目標
自己管理に必要な知識や技術を習得できる
生活における管理上の問題点に気づき、知識や技術を用いて対処できる
必要な支援が得られ質の高い生活を送ることができる

O-P
1.バイタルサイン
2.年齢、認知力、理解力
3.病状、治療内容、副作用、合併症の有無と程度
4.既往歷
5.酸素療法の有無、呼吸訓練の必要性の有無
6.内服の有無
7.感染予防の必要性の理解の程
8. 呼吸状態(安静時、動作時)
-呼吸数、呼吸パターン、SpO2
-喘鳴、肺副雑音やチアノーゼの有無
-呼吸困難の有無
-咳嗽、喀痰の有無
-検査データ
-呼吸機能検査データ
9.疾患 治療に対する患者、家族の受け止め方
10.患者、家族が不安に思っていること
11.家族の関係性、家族間のサポート状況
12.指導内容の反応や理解度
-酸素ボンベの流量の確認、残量の確認、作動確認の理解
-酸素カニューレの長さや固定方法が適切か
-酸素濃縮器の管理
-異常時の対応はできるか
13.セルフマネジメントの内容
-患者が現在どのような状況か、どうすべきか
-患者が行うべきことについてどの様に捉えているか
-患者が行っていることは正しいか
-患者が行動を継続出来ているか
14.入院前の生活状況
-1日の過ごし方
-習慣(食生活、喫煙、飲酒など)
-住居環境、地域環境や交通手段
-職業
-趣味
-役割(家庭、社会)
-価値、信念、宗教
15. 病気や管理についてどのように説明されているか
-職場や学校の理解
-休憩場所、移動手段、支援体制
-就労時間や学習内容の調整の有無
16. ソーシャルサポートの活用状況
17.経済状況、医療費公的助成制度の利用の有無

T-P
1.患者や家族の気持ちを尊重した態度で接する
2.患者や家族が困っていることや不安に思っていることについて傾聴する
3.退院後のセルフマネジメントについてイラスト· DVDなどを用いて患者自身が今どういう状態か、今後どの様にするか理解できるように支援する
4.呼吸困難に対する不安や恐怖が軽減できるように支援する
-在宅酸素療法を行っている患者と交流が持てるように調整する
-患者会を紹介する
5.活動の拡大に伴う呼吸状態を医師へ報告し、 酸素などの指示を受ける
6.排痰困難時には排疲ケアを行う
-医師指示の吸入薬使用
-体位ドレナージ、スクイージング
7. 呼吸状態、治療の経過、在宅生活の注意点などの説明を家族全員に説明できる様に調整する
8. 多職種と連携して退院前カンファレンスを実施する
-退院指導内容を在宅サービス支援者に伝える
-患者や家族が行ってもらいたいことや不安なことを表出できるように支援する
9. 退院前に試験外泊を行い、問題を明らかにする
10.外泊時に確認できた問題に対して解決を図る
13.医療相談員と連携し、医療機関(かかりつけ医)に相談や受信できる態勢を整える

E-P
1.患者 家族の体調や心理状態から、指導を受け入れる準備が整っているか確認する
2.患者 家族が望む方法や環境で行う
3.多職種と連携し、患者や家族のニーズに合わせた指導を立案・実施・評価する
-疾患の病態生理を説明する
-内服方法について説明する
-吸入療法について説明する
-吸入器の使い方と使用方法を説明する
-横隔膜呼吸や口すぼめ呼吸について説明する
-在宅酸素療法、機器の取り扱いや火気についての注意を説明する
-入院中に酸素濃縮器を使用し、 機器の使用方法を習得できる様にする
-排痰困難時の対処方法(吸入により加湿を図る)について説明する
-日常生活における注意事項を説明する
-呼吸器感染予防(手洗いやうがい)の必要性を説明する
-発作の誘因とその除去方法を説明する
-呼吸訓練と排痰方法を説明する
-食事:食前の排痰の必要性、 食事のバランスの大切さ、 塩分を控え水分の補給を促す、食事の1回量を減らし回数を多く摂ることを説明する
-入浴:息切れしない入浴方法の指導と介助の方法やルートの工夫を説明する
-排便習慣をつける様に説明する
-禁煙を行う必要があることを説明する
3.患者や家族のセルフマネジメントについての課題を明らかにし指導する
-退院後の暮らしを踏まえた管理方法や理解を確認する
-退院後の暮らしを踏まえてどの様な管理をしたいと考えているか確認する
-管理が正しい方法で行われているか確認する
4.活用出来るソーシャルサポートについて説明する

 


一覧へ戻る

カテゴリー
看護ケアの知識、手順、ポイントを調べる
看護診断別に看護計画を調べる 少しずつ作成中
疾患別に看護計画を調べる
看護研究について知りたい
疾患を調べる
わからない医療・看護専門用語を確認する
医療事故の事例や対策を検索する
薬や添付文書、併用注意の薬、抗生剤やインスリンについて調べる
医療機器の添付文書、メーカーを調べる
学習におすすめの本や持ち物を見てみる
ハート先生の心電図教室で心電図を学ぶ
しごとの悩み、恋愛、お金、自分を変えたい
転職したいと思った!


Pocket
LINEで送る

PowerPoint スライド ショー - [なんでなんだナーシングトップスライダー.pptx] 2021_07_18 10_15_56
PowerPoint スライド ショー - [なんでなんだナーシングトップスライダー.pptx] 2021_07_18 10_15_56
不眠改善プロジェクト
不眠改善プロジェクト
不眠改善プロジェクト
メンタリストDaiGoさんのYouTubeサマリー
メンタリストDaiGoさんのYouTubeサマリー
5e9d74e64a64fa4285fcc43999dc30a9_s - コピー - コピー
5e9d74e64a64fa4285fcc43999dc30a9_s - コピー - コピー
previous arrow
next arrow

看護計画カテゴリの最新記事