医療機器におけるユーザビリティエンジニアリングセミナー

医療機器におけるユーザビリティエンジニアリングセミナー

↓↓この続きは当社有料配信でご視聴ください。↓↓
https://ecompliance.co.jp/SHOP/L_UE.html

セミナービデオ販売開始!
セミナー配信まで待てない方!
何度も繰り返し勉強したい方!
社内研修用・自習用教材が欲しい方におすすめ!
https://ecompliance.co.jp/SHOP/EL-030.html

【欧州医療機器規則MDRセミナー】

【IEC-62366:2015、FDA HFE/UE対応】ユーザビリティエンジニアリング規程・手順書・様式
https://ecompliance.co.jp/SHOP/MD-QMS-154.html

イーコンプライアンスのライブ配信
https://eCompliance.co.jp/liveseminar/

イーコンプライアンスホームページ
https://eCompliance.co.jp/

医療機器が高度化、複雑化するにつれて、ヒューマンエラーの発生が多発しています。
ユーザビリティエンジニアリングは医療機器設計において欠かすことができない要素の一つであり、 かつ当局の関心が非常に高い分野でもあります。

2016年2月にFDAは「Applying Human Factors and Usability Engineering to Medical Devices」と呼ばれるガイダンスを発行しました。
また2007年にユーザビリティエンジニアリングの国際規格として IEC 62366:2007 が発行され、IEC 62366-1:2015 として改正されています。
本邦においても、IEC 62366-1:2015がJIS T 62366-1:2019「医療機器―第1部:ユーザビリティエンジニアリングの医療機器への適用」として発行されました。
さらに欧州では、MDD から MDRへの改正において、ユーザビリティに関する要求事項が強化されています。

医療機器設計開発においてはFDAガイダンスやIEC62366-1:2015に従い、人間工学的な要素を取り入れ、適切にユーザーインターフェースに注目したリスクマネジメントを実施する必要があります。
これまではリスクマネジメントに包含されてきましたが、今後はユーザビリティエンジニアリング(ヒューマンファクターエンジニアリング)は、独立して実施しなければなりません。
では、いったいリスクマネジメントとユーザビリティエンジニアリングでは何が異なるのでしょうか。
IEC62366-1:2015が要求するユーザビリティエンジニアリングファイルとはどういうものなのでしょうか。
またユーザビリティエンジニアリング実施のためのSOPや様式はどういうものを揃えれば良いのでしょうか。

本セミナーでは、米国FDAの要求事項およびIEC62366-1:2015の要求事項を分かり易く解説いたします。

またユーザビリティエンジニアリング実施のための手順書サンプルを配布して、SOPの作成方法についても解説いたします。

Pocket
LINEで送る

PowerPoint スライド ショー - [なんでなんだナーシングトップスライダー.pptx] 2021_07_18 10_15_56
PowerPoint スライド ショー - [なんでなんだナーシングトップスライダー.pptx] 2021_07_18 10_15_56
不眠改善プロジェクト
不眠改善プロジェクト
不眠改善プロジェクト
メンタリストDaiGoさんのYouTubeサマリー
メンタリストDaiGoさんのYouTubeサマリー
5e9d74e64a64fa4285fcc43999dc30a9_s - コピー - コピー
5e9d74e64a64fa4285fcc43999dc30a9_s - コピー - コピー
previous arrow
next arrow

医療機器カテゴリの最新記事